混浴温泉露天風呂

女性のための混浴温泉講座

 

 


MAIN MENU
  混浴温泉露天風呂
  混浴温泉の楽しみ方
  あかねの混浴温泉体験記
  混浴クチコミ情報
  あかねの混浴ブログ
  混浴画像掲示板

■女性も混浴温泉を楽しんでください

『混浴』って聞いただけで拒絶反応を示す女性が多いですね。
「混浴なんてとんでもない!」って(笑)

あかねも以前はそうでした。自分が混浴温泉に入るなんて考えたこともありませんでした。でも今ではこんなサイトを作るほど好きになりました。
初めてのときも入ってみると思っていたほど抵抗は無く、2回目は男性がいても平気になって、3回目は・・・と、どんどん楽しめるようになりました。

はじめて混浴に挑戦する女性の方が困らないようにアドバイスを書きましたので、参考にして女性のみなさんもぜひ積極的に楽しんでくださいね。

意外とはまってしまいますよ(笑)

■混浴温泉って

混浴温泉に行ったことが無い女性にとっては未知の世界ですよね。
でもそんなに怖がることはありません。(笑)  
どんなことろか紹介していきますね。

あかねも今までにちょっと変な男性に会った経験はありますが、一般には温泉を楽しみに来ている良い方ばかりです。
男女別のお風呂で男性が女湯を覗くということはありますが、混浴ではみんな裸が当然なので、そんなにいやらしい感じも無く、みなさんそれぞれ温泉を楽しまれています。

行ってみると思っていたほど抵抗も無く楽しめますよ。

■はじめてでも入りやすい混浴温泉

混浴温泉に初挑戦する時は恥ずかしかったり抵抗があると思いますので、まずはできるだけ女性が入りやすいという条件を揃えましょう。
あかねの経験から次のような基準で選ぶといいと思います。

  脱衣場
    初めての場合、脱衣するところを男性に見られるのが一番抵抗あると思います。
混浴でも脱衣所は男女別のところが多いですが、
中には男女共用でお風呂の方から丸見えのところもあります。
またカゴも置いてなくて脱いだ服や下着をそのまま棚に置いておくところもあります。
最初は脱衣場が男女別になっている温泉を選びましょう。共用の場合でも塀や扉で周りから見えない温泉を選びましょう。
   
  タオル巻きOK
    あかねはタオル巻きでの入浴には反対派ですが、どうしても恥ずかしい場合はタオル巻きOKの混浴温泉を選んでください。
衛生上の問題からタオル巻きを禁止している温泉も多いので確認してください。
   
  混浴温泉に行く日時
    夜の暗い時のほうが入りやすいですが、せっかくの綺麗な景色も見えないし、昼間に入った方が断然気持ちが良いです。

できれば平日の昼間のすいてる時間に行きましょう。
大きく有名な混浴温泉以外は平日なら貸切状態の時も多いです。
自分たちだけなら平気ですね。(でもそれでは混浴に来た意味が無いような気もしますが・・・(笑))
   
  混浴温泉の広さ
    これは意外と気づかない点ですが、ある程度広い方が良いです。
小さな混浴温泉は湯壷が3畳くらいのところもあります。
こういうところは貸切状態になる可能性も大きいですが、もし男性が入っていると密着感があって入りにくいです。
広くていくつかの湯壷に分かれているところがお奨めです。

以上ですがいかがですか。
これなら初めてでも混浴温泉に入れそうだと思いませんか。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

■タオル巻き、水着について

混浴温泉にもタオル巻きOKとNGのところがあります。
中には水着OKのところもありますが、これはもう温泉というよりプールですね。

まずそのルールに従って、NGのところでは絶対にタオル巻き、水着での入浴はやめてください。特に水着は温泉の雰囲気を壊すことになるので許可していないところでは絶対に着用しないで下さい。

あかねはバスタオル巻きOKの混浴温泉でもバスタオルを巻いては入りません。
そこまでして隠す必要も無いと思うし、第一あとが大変じゃないですか! お湯を含んだバスタオルで脱衣場に入ると大変ですよ。本当に。

あかねは脱衣場からの移動の時も普通のタオルで前を隠すだけですが、抵抗がある方は、この移動の時だけバスタオルを巻くといいと思います。
お湯に入るときはバスタオルを外してフェイスタオル1枚で入るほうがいいと思いますよ。

■男性に対しての対応

混浴温泉に入ると知らない男性といっしょに入ることが多くなりますが、前にも書いたように、一般には良い方ばかりです。
よほどジロジロ見られたりそばに寄ってこられたりというような困った男性以外は良い方なので、少しチラチラ見たくらいでにらんだり、厳重に隠して相手をまるで痴漢扱いにするのは辞めましょう。
まあこちらが女性なのでチラチラ見られるのは当然です。(反対に全然見られなかったら寂しいかもしれません(笑)) 

また、男性がひとりの場合、こちらを気にして下を向いてジーっとされてることも多いです。
こういう場合はできればこちらから声をかけてあげると場が和んでいいですね。
混浴温泉で男性から女性に声をかけるのはかなり勇気がいりますが、女性から声をかけられて嫌がる男性はあまりいないと思います。
「ここにはよく来られるんですか?」「良いお湯ですね」
と一言かけるだけで話が弾んで良い思い出ができます。

これは少し慣れてからですがぜひ声をかけてみてください。